美容外科の痩身

脂肪細胞をなくす治療方法について

美容外科の治療というと、メスを用いる美容整形手術を連想する人が大半です。確かにメスを用いる外科手術による治療がなされるケースもありますが、一昔前に比べればだいぶ件数が減ってきています。現実的なことを考えると、たとえキレイになるためとはいえ、痛い思いやつらい思いはしたくないと考えるのが普通です。そのため、最近では、メスを用いない治療方法が積極的に採用されています。痩身治療の分野においてもその傾向が見られるのですが、従来からよく行われてきた脂肪吸引手術の他に、メスを用いない脂肪溶解注射という方法が登場してきています。脂肪吸引手術の方が治療効果に即効性がありますが、肌に傷をつけずに脂肪吸引と同じ効果を得ることができる脂肪溶解注射が高い人気を集めるようになっています。

痩身治療にかかる費用について

美容外科クリニックで行われている治療は審美目的の治療であるため、健康保険の適用を受けることができません。脂肪吸引手術や脂肪溶解注射を受ける場合も、治療費全額を自己負担することになりますから、ある程度まとまった額の費用を用意する必要があります。ただし、脂肪吸引手術は麻酔を施した上で患者の身体にメスを入れることになる大掛かりな治療方法であるのに対し、脂肪溶解注射の方は注射を打つだけで治療が終わるという違いがあります。当然のことながら、料金も脂肪溶解注射の方がグッと安くなっています。どの部位についている脂肪をどの位取り除くのかによって料金が変わってきますが、脂肪吸引手術の場合は50〜100万円前後の費用がかかるケースが多いです。これに対して脂肪溶解注射の方は、1回あたり5〜10万円前後の治療費で済むケースが多くなっています。