最小限の負担で済む

美容治療の最新版

フォトフェイシャルとはIPL(インテルス・パルス・ライト)と呼ばれる、肌に有効な複数の幅をもった波長の光を当てることで皮膚の再生を促す治療です。紫外線などの有害な光は全てカットされており、通常の単一波長のレーザーとは違って肌への負担は最小限になっています。幅広い波長の光をカメラのフラッシュのように顔全体に当てて、正常な皮膚を傷つけることなく肌トラブルを解消することができます。 IPLは沈着してしまったメラニン色素に反応してダメージを与えシミやそばかすを改善します。そして同時に真皮層の細胞を活性化させるので老化によって衰えてきたコラーゲンの生成を促して肌本来の機能を呼び起こし美肌に導くことができるのです。

違いを知る

フェイシャルエステはフォトフェイシャルと似たようなイメージを受けますが、フェイシャルエステは美肌の他に、マッサージをして顎や頬の筋肉を刺激し血行を促進することでたるみやむくみ、二重あごを解消し、小顔を作ることができます。 一方フォトフェイシャルは、肌のトラブル治療が主ですが、顔の全体を引き締めたり、肌にハリや艶を与える効果があります。 またフォトフェイシャルファーストというフォトフェイシャルを進化させたものもあります。フォトフェイシャルファーストは従来のものより治療のスピードが早く、効果や安全性が高くなっています。また波長の長さや設定をオーダーメイドで個人の肌に合わせることができます。照射面積も変えることができるので、顔全体に大きく照射した後に追加でポイント照射もできるようになっています。